実は注意がいる走行距離の短い中古車

一般的に自動車は長く乗るほど性能が悪くなって、故障などが起こりやすくなるといわれています。そのため中古車を買う方も走行距離が短い方とよいと、考えている方もいますが実はそうでないケースもあります。自動車は年間一万キロメートル程度を走るのが普通で、それより短い場合は何らかの理由が存在します。例えば車庫に長年放置されていて使っていないなど、日常的に利用されていなかった可能性があります。普通に使われていた車は問題ありませんが、あまり使われていなかった車はメンテナンスが十分でないケースが多いです。走行距離が短いからといって安易に選んでしまうと、購入後に故障がよく発生するなどのトラブルが起こりやすい車を買ってしまう場合があります。

確認がいる中古車の保管状態

走行距離の短い中古車は一般家庭で使われていて、短距離の移動のために利用されていたケースもあります。仕事で使われた車は長距離の移動に利用されることもありますが、買い物などに使われていたものは走行距離が短くなりやすいです。短距離の移動で車を使っているとエンジンオイルが温まる前に、車を止める動作を繰り返している場合が多いです。そのような形で使われているとエンジンに過剰な負担がかかり、内部で何らかのトラブルが発生している可能性があります。中古車は走行距離が短くても故障している恐れがあるため、保管状態について調べておくのは大切です。以前どのような形で使われていたかお店で聞いておけば、車の状態についてある程度分かります。

中古車のリースは、比較的リーズナブルな価格で希望の車種を選べることや、メンテナンスや車検などの面倒な手続きが必要ないといったメリットがあります。