走行距離と年式の関係

販売価格が安く表示されている中古車には様々な理由があります。一般的な車の評価基準は新車登録時から、走行距離が10万キロメートルとされています。過去事故歴がない年式自体が古い車も該当しますが、10万キロメートルの走行距離を超過した車の価値は急激に下がります。また中古車として流通する車の中には、致命的な事故を起こして修理した車もあります。安い価格で販売されていても要注意が必要です。他にも元来不人気の車種とカラーも低価格販売の対象となります。中古車を選ぶ際の販売価格の基準は、主にその車の走行距離と年式の関係で決められています。同年式の車でも中古車としての販売価格は、走行距離が少ない車は高く多い車は安いという仕組みです。

中古車本体価格以外にかかる費用

販売価格が安すぎる中古車は過去に事故歴などがない場合でも、何らかのトラブルが発生する可能性が低いわけではありません。そのため中古車を購入する販売店の、整備内容と購入後の保証内容などを事前に確認し把握する必要があります。 また中古車の販売価格が幾ら安くても、購入後は中古車購入価格以外にも幾つかの課税が発生することがあります。さらに税金の他に加入義務のある自賠責保険の保険料や、任意保険の保険料など様々な支払いが発生することを把握しておく必要があります。また中古車購入で発生する手続きに関しての費用は、車両登録の代行費だけは自身で行う場合は不要です。一般的に表示されている中古車販売価格は車両本体価格だけのものと、発生する様々な費用を含めた総額表示のものの2種類です。