修復歴有の意味を知っておこう

中古車販売店に行くと、フロントガラスに「修復歴有」と書いた紙が貼られいる場合があります。中古車についてあまり詳しくない人は、バンパーに傷がついたので修理した、といった程度に捉えているかもしれません。そのため特に気にならない、中古車なのだから修復歴が有るのは当たり前、などと軽く考えがちです。しかし中古車において「修復歴有」は重要な情報なので、必ずチェックするようにしたいです。理由は「修復歴有」の中古車は、過去にフレーム部分を損傷し修復した、もしくは交換しているからです。フレームは車の骨格部分のことで、修理や交換をしている中古車は、修復歴のないものに比べると強度が落ちているので注意が必要なのです。

見分け方を覚えておく

たいていの中古車販売店は、フレーム部分の修復や交換をした場合、きちんと「修復歴有」と明記しています。ただ中には黙っている中古車販売店もゼロではありません。そこで修理歴が有るのではと疑われる中古車の見分け方を覚えておくと良いでしょう。まず試乗しておくのが必須で、ハンドルを軽く握りゆっくりとアクセルを踏みます。このときに真っ直ぐ走れば問題はないですが、自然と左右に曲がってしまうようなら注意が必要です。ただしこの方法は道路の凸凹に影響されるため、できるだけ平なところで試しましょう。それ以外にも、年式が新しい割に値段が安いのも疑わしいです。そこでいろんな中古車販売店を回ってお目当ての車種の値段を調べ、相場を頭に入れておくと良いです。